各種研究会

2014年度

日付・場所 タイトル・内容

日時:2015年3月18日(水)15:00-17:00 場所:本部棟4階第3会議室(角間キャンパス)

「英語のみで卒業できるコース」先進事例報告-首都大学東京での取り組みについて-(KU-GLOCS Act.0)

主催:大学教育開発・支援センター
共催:SGU企画・推進本部

講師:
松浦 克美氏(教授、都市教養学部 理工学系 生命科学コース、大学教育センター、高大連携室長)

趣旨:
2015年4月から、都市教養学部の生命科学コースに卒業に必要な 124単位をすべて英語の授業で取れる課程を新設する首都大学東京 での取り組みについて、同コース教授である松浦克美氏に同課程の 制度設計、運用方法等についてお話しいただく。

日時:平成27年3月5日(木)午後2時30分~午後4時 場所:角間キャンパス総合教育1号館2階大会議室

青野 透教授 退職記念講演会

大学教育開発・支援センター 青野 透 教授は、平成27年3月31日をもって退職されます。金沢大学における27年間にわたる教育・研究・学生支援のご功績に感謝の意を表するため、下記の通り、退職記念講演会を開催いたします。

演題「今、学生のためにできること-教育・研究と学生支援―」

青野 透 教授

150305Aono-1.jpg 150305Aono-2.jpg150305Aono-3.jpg

日時:2015年3月2日(月) 14:00-16:00 場所:総合教育1号館2階大会議室(角間キャンパス)

「英語による授業」先進事例報告 -国際教養大学での取り組みについて- (KU-GLOCS Act.0)

主催:大学教育開発・支援センター
共催:SGU企画・推進本部

講師:
前中ひろみ氏(専門教養教育(グローバル・スタディズ課程)、教授、グローバル・スタディズ課程長、国際教養教育推進センター長)
竹本周平氏(専門教養教育(グローバル・スタディズ課程)、講師)

趣旨:
グローバル化先進大学である国際教養大学における「英語による授業」に ついて、その実践事例を紹介していただくとともに、「英語による授業」を 実践するにあたってポイントとなる点について教えていただく。

18・16

日時:9月29日(月)14時30分~16時 場所:総合教育1号館2階大会議室

第18回カリキュラム研究会・第16回評価システム研究会

テーマ:学士課程の学習成果(Learning outcomes)のグローバルスタンダードについて考える

発表者:西山宣昭(大学教育開発・支援センター)

趣旨:現在、全学に向けて提示されている金沢大学<グローバル>スタンダード(案)は、学士課程<グローバル>スタンダードと大学院課程<グローバル>スタンダードとからなり、前者は本学の学士課程教育の学習成果としての5つの能力を明文化したものである。今後、これらの全学が共有する学習成果を各学類の専門分野の文脈で解釈した上で、各学類が定める既存の学習成果を整合させる必要がある。また共通教育の新しいカリキュラム、コア科目についての検討の指針となる。本研究会では、本学の学士課程<グローバル>スタンダードとAAC&U(The Association of American Colleges and University)が提示しているリベラル・アーツ教育の16の学習成果モデルとの対比について考察しながら、5つの能力を曖昧さなく理解することを目的とする。

23

日時:7月25日(金)13時00分~14時30分 会場:中央図書館ブックラウンジ (ほん和かふぇ。)

第23回学生・学習支援研究会

テーマ:「学生フォーラム -学生の提案する理想の学び」 

報告者:「アクティブラーニング入門」受講学生

趣旨:大学教育開発・支援センターでは、2014年4月より共通教育科目「アク ティブラーニング入門 ~反転教室、協同による学び~」を新規に開講し、知識 伝達のみにとどまらない能動的学習の方法を取り入れた授業実践を試行してい る。事前の資料提示・講義ビデオ視聴をもとに授業内にディスカッションを行う 反転授業と協同学習、クリッカー(リモコン式意見集約装置)を用いた授業への 双方向の参加、小グループによる知の創出を目指すプロジェクト活動によって、 受講学生は大学での「理想的な学び」の在り方を見出そうとしている。本研究会 では、授業の最終回である学生グループの成果報告を「学生フォーラム」として 公開し、参加者とともに考える場を創出したい。

ポスター:140725gakusei-forum.pdf

19

日時:7月22日(木)16:30~18:00 会場:角間キャンパス総合教育1号館2階大会議室

第19回FD研究会

外国語教育研究センター・大学教育開発・支援センター 共催

テーマ : 語学に特化した「学生による授業評価アンケート」の集計結果(平成25年度後期分)

講師 : 小林 恵美子(外国語教育研究センター) 杉村 安幾子(外国語教育研究センター)

概要:外国語教育研究センターでは、本学の教育の質の向上を目指すFD活動の一環として、語学に特化した「学生による授業評価アンケート」改訂版を平成25年後期に実施しました。本研究会では、英語科目と初習言語科目に分けて集計結果を報告します。その結果に基づき、シラバスに掲載されている授業目標の達成度を把握し、今後の授業改善点、さらには改善を支援するために必要な方策について議論したいと思います。

15

日時:7月10日(木)16時30分~18時 会場:総合教育1号館2階大会議室

第15回評価システム研究会

テーマ:「学習成果達成度をいかに測定するか」

発表者:西山宣昭 (大学教育開発・支援センター)

概要:今年度行う学習成果達成度等自己評価アンケートの設問およびデータ分析の方針について、京都大学高等教育研究開発推進センターによる学生の学習実態の経年変化の調査等の先進的事例の検討や卒業研究の評価、外部試験の有効性の検討なども行い、議論したい。