「高大接続の課題と可能性」(2019年度 第1回 部門シンポジウム)(12/22開催)

国際基幹教育院・高等教育・開発・支援部門2019年度 第1回 シンポジウム

「⾼⼤接続の課題と可能性」

司会:吉永 契一郎(高等教育開発・支援部門教授)
講師:
鈴木 久男 氏(北海道大学総合教育部・部長)
斉藤  準 氏(帯広畜産大学講師)
渡曾 兼也 氏(金沢大学附属高等学校教諭)

趣旨:
アクティブ・ラーニングに代表されるように、知識基盤社会を迎えて、⼤学教育は⼤きく変わろうとしています。同様に、⾼等学校においても、2020年度から実施される⼤学⼊試改⾰、2024年度から実施される新学習指導要領が、学校教育のあり⽅、学⼒の測り⽅を変えようとしています。そこで、今回は、総合教育部⻑として、幅広い視点から、⼊学選抜と初年次教育を考察しておられる鈴⽊講師、アメリカの⾼等学校を視察してこられた⻫藤講師、⾼校の現場でこれから新カリキュラムに取り組まれる渡會講師をお迎えして、⾼⼤接続について考える機会を持ちます。

■対象︓保護者を含む⾼校関係者・⼤学教職員
■申込⽅法︓下記のアドレス、または、QRコードから、申し込んで下さい。
https://ws.formzu.net/fgen/S30796599/
■申込締切︓2019年12⽉13⽇(⾦)
■定員︓80名(先着順)
■参加費⽤︓無料