2019年2月20日(水)開催 「アクティブ・ラーニングの 実現を目指した環境整備」


趣旨:現在、多くの大学が、学生の学習意欲を喚起する教育・キャンパス整備に取り組んでいます。そこで、今回は、学習支援の現場でご活躍されている廣内先生から、岐阜大学におけるラーニング・コモンズの設計と運営、アクティブ・ラーニング志向科目の開発、学生レポートコンテストの実施についてうかがい、参加者自身が、ご自分の大学での経験や学習支援を充実するためのアイデアを交換することによって、これからの学習支援について考えます。
このセミナーは、多様な所属や職種、世代を超えた参加者が「越境的対話」を通して、答えのない課題に取り組む場です。
University Development(UD)とは、FDとSDを統合発展させた概念です。

日時:2019年2月20日(水)13:30 ~15:30 受付13:00
会場:しいのき迎賓館3階セミナー・ルームA
  (石川県金沢市広坂2丁目1番1号)

講師:廣内大輔 氏
(岐阜大学教育推進・学生支援機構准教授)

■対象:大学教職員または高等教育に関心のある方
■申込方法:下記のアドレスから、セミナー名をタイトルにして申し込んでください。
fdsdkyoten@adm.kanazawa-u.ac.jp
■申込締切:2019年2月8日(金)
■定員:50名(先着順)
■参加費用:無料

主催 金沢大学国際基幹教育院高等教育開発・支援系/部門
後援 大学コンソーシアム石川教職員研修部会