文部科学省教育関係共同利用拠点 2018年度 第1回「University Developmentシンポジウム」参加者募集 「大学職員3.0 キャリアの振り返りから探る大学の今後10年」(12/22)

趣 旨:
過去10年間、日本の大学は改革の渦に巻き込まれ、教職員も、業務上・キャリア上、大きな変化を経験してきました。今後、Society 5.0の登場に伴う社会変化は、高等教育のあり方や大学組織を大きく変えようとしており、教職員の企画・運営能力の開発、主体的なキャリア設計の重要性がさらに高まっています。
そこで、現在大学改革の現場で“グローバル”“IR”“URA”“SD”等の分野において活躍されている方々による話題提供の後、参加者自身がこれまでの経験を振り返り、今後10年間で必要とされる能力、また、それを開発するための方策について、小グループでの対話を重ね、考察します。
学生・新入職員からベテラン教職員まで、多様な所属や職種、世代を超えた参加者が「越境的対話」を通して、答えのない課題に取り組むことにより、“大学を開発”する体験の場を提供します

・University Development(UD)とは、Faculty Development(FD)とStaff Development(SD)を統合発展させた概念です。

日 時 :2018年12月22日(土)11時〜18時
場 所 :金沢商工会議所 1Fホール
http://www.kanazawa-cci.or.jp/rooms/access.html

企画者:文部科学省教育関係共同利用拠点・金沢大学国際基幹教育院高等教育開発・支援部門 吉永契一郎教授、堀井祐介教授

モデレーター:茨城大学 嶌田敏行准教授、愛媛大学 上畠洋佑特任助教
ファシリテーター:冨永良史氏(発創デザイン研究室・福井大学非常勤講師)
シンポジスト:姉川恭子氏(早稲田大学)、鎌田康裕氏(福井大学)、宮林常崇氏(首都大学東京)、松村典彦氏(金沢大学)

10:30-11:00 受付
11:00-11:05 開会挨拶:金沢大学 理事・副学長・事務局長 氷見谷直紀
11:05-11:10 趣旨説明:金沢大学 国際基幹教育院 教授 吉永契一郎
11:10-11:50 アイスブレイク
11:50-12:30 グループワーク1
事前準備する過去10年間の振り返り(直面した困難、切り抜けた経験)、今後10年間に必要とされると考える能力を共有し、グループでこれまで、5年後、10年後の大学を取り巻く環境変化、その変化に対応して必要な能力、必要な能力を身に着ける方策を対話を通じ考察します。
12:30-13:30 昼食
13:30-14:45 シンポジスト話題提供
シンポジストからの発表の後、ファシリテーターとの対話を通じ、振り返りと今後のキャリアへの視座を提供します
15:00-16:00 グループワーク2
話題提供を踏まえ、グループワーク1から引き続き対話を通じた考察を行います
16:15-17:00 ワールドカフェ
グループワークで得られたアイデア・発見をワールドカフェ方式で参加者全員で集合的に共有し、新たな気付きを得ます
17:00-17:30 リフレクション
参加者各人の振り返りの後、モデレーター等による全体まとめを行います
17:30 閉会挨拶:金沢大学 国際基幹教育院 教授 吉永契一郎
18:00 情報交換会(別会場・希望者のみ)

■対象:大学教職員または高等教育に関心のある方
■申込方法:下記専用申し込みフォームから申し込んで下さい。 :https://ws.formzu.net/dist/S24945534/

■申込締切:2018年12月14日(金)
■定員:50名(先着順)
■参加費:無料 昼食・情報交換会:事前申込制

参考:金沢大学 第1回UDシンポジウム ワークシート

項目

これまでの振り返り 5年後

10年後

大学を取り巻く環境変化(Why)
変化に対応して必要な能力(What)
必要な能力を身につける方法(How)

 

ポスター:http://herd.w3.kanazawa-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2018/11/symposium_flyer181222-.pdf