【No.402】
大学とグローバル化について

○●○ 大学とグローバル化について ○●○
 2011年4月に出た「産学官によるグローバル人材の育成のための戦略」(文部科学省・産学連携によるグローバル人材育成推進会議)をはじめ、メデイアでも盛んに「グローバル人材」なるものが議論されるようになってきた。立場により様々に定義されようが、上記の報告の中では、「世界的な競争と共生が進む現代社会において、日本人としてのアイデンティティを持ちながら、広い視野に立って培われる教養と専門性、異なる言語、文化、価値を乗り越えて関係を構築するためのコミュニケーション能力と協調性、新しい価値を創造する能力、次世代までも視野に入れた社会貢献の意識などを持った人間」と定義されている。大学もそうしたグローバル人材育成にあって、中心的な役割を果たすことが求められていることはいうまでもない。
 グローバル化による大学への影響はハードソフト両面であって、目立ったものをみても、例えば第1に大学も国家からも離れたところで教育内容や教育結果の世界的なガイドラインなるものが形成され、それを意識せざるをえない状況になっている。高等教育PISA版であるAHELOの試行や、アウトカムズ重視の大学評価を核とした質保証システムの具備やその世界的標準化にも表れているように、専門的能力に加え汎用的能力の達成度も測定し、能力の中身としていわゆる問題解決能力、批判的思考力、コミュニケーション能力などが含まれている。大学は、それらを教養教育か専門教育かはてはキャリア教育のいずれか(あるいは全ての段階)で育成することを求められているが、どこで行うかは、各大学の条件に応じ決定すべき事柄となろう。
 第2に、国内外での大学教育連携が拡大し、とくに共同学位プログラムが増加傾向にある中にあって、当該大学が授与する学位についての質保証は重要になってくる。人材養成目的や教育課程編成の方針などCP・DP策定や広く大学情報の公表といった可視化は必要であり、また学生の(移動に伴う)学習を円滑にするために、単位数や学習(時間)量の認定の在り方といったものもポイントとなってこよう。
 上記1とも関連することであるが、工学・医学・税務分野などを中心に、職業資格の国際標準化とその進展も見逃せない。大学外の関係者がそれぞれの立場からの課題を持ち込んで、各自(大学がもたらす成果に関わって)物差しを提示している。それに振り回されてはいけないと思うが、しかし留意すべきであることはいうまでもない。
 ここまで外部環境に関わることに触れてきたが、グローバル30に採択された大学を中心に有力大学・大規模大学では期待されるほど日本の大学のグローバル化が進んでいないと見られているようである。課題はさまざまである。例えば、学生の送り出しを増やすために制度的・経済的支援も不足しがちであること以外に、自分の大学に見合った水準の海外大学を探し協力関係を結ぶことが難しいということがある。また入学時期云々というより、学期ごとの単位取得という発想で、日本と欧米で異なっていることもある。伝統があればあるほど、専門学部の独立性が高く、カリキュラム・科目構造も比較的固定したものになる傾向で、学生・留学生の送り出し・受け入れには不都合な場合が多い。就職に有利になるように、大学も学生も(早めに、そして効率よく?)動く傾向はまだまだ残っている。その他にも、留学生交流などを進めるために、その規模に合う程度に、中核となる学部や強力な(専門)組織・スタッフの確保やそれらによるサポートの仕組みがまだ整っていないということも指摘されている。国立大学の場合、そうした学部横断的な取り組みが困難な状況にあり、実際に動かすことも必要以上に手間がかかるようである。
 その意味で、地方や小規模の大学で行われている取り組みは参考になろう。国際教養大学やいくつかの公立大学、私立の外国語大学では、交流(協定)対象地域を限定し、専門の科目を開設して、異文化に目を開くきっかけづくりに努めているほか、リベラルアーツ型のカリキュラムを構築し、併せて比較的長期の海外研修(体験)を組み込んでいる。小規模なことから、意思決定が通りやすいということもあろうが、目的の限定や教職員の動きやすさを確保している点は、重要であろう。
自分の大学を国際的に開放するためにも、組織やカリキュラムの把握と修正ともに、構想力が改めて問われているように思われる。
 (文責 評価システム研究部門 渡辺達雄)

○●○ 新着資料のお知らせ ○●○
 大学教育開発・支援センターに、全国の大学や大学教育センター等から各種報告書が届いております。特別教育研究経費・科学研究費による成果(途中経過)をまとめたものも多数含まれております。資料は、図書室(総合教育1号館6階613号室。センター共同研究室向かい)に所蔵しております。ご関心のあるもの、参照したいものがございましたら、お貸しすることができますので、ご連絡いただければ幸いです。
・ 教育関係共同利用拠点「FD・SD教育改善支援拠点」平成23年度総合報告書『FD・SD教育改善支援拠点の活動(1)』名古屋大学高等教育研究センター、平成24年3月
・ 邑本俊亮『大学の授業を運営するために―認知心理学者からの提案』(PDブックレット)東北大学高等教育開発推進センター、平成24年3月
・ 東北大学高等教育開発推進センター編『高等学校学習指導要領VS大学入試』東北大学高等教育開発推進センター、平成24年3月
・ 『北海道大学ピアサポート活動報告書(平成22年版)』北海道大学ピアサポート活動報告書編集委員会、平成23年3月
・ 『FDネットワーク“つばさ”研究年報2010』山形大学高等教育研究企画センター、平成23年3月

○●○ 角間ランチョンセミナーのご案内 ○●○
5月は、「国際交流月間」として、様々な話題のもと留学生や日本語・日本文化研修生のご報告や、留学生センター等の教職員によるミニ留学説明会など、ためになる情報をお届けいたします。国際交流・異文化理解に関心をお持ちの方、是非ご参加下さい。詳しいスケジュールは、http://herd.w3.kanazawa-u.ac.jp/research/luncheon/ をご覧下さい。