【No.344】
金沢大学における環境教育カリキュラムの開発

○●○第3回カリキュラム研究会のご案内○●○
日時:3月11日(金)10時~11時30分 
場所:角間キャンパス総合教育1号館2階大会議室
テーマ:「環境学とは何か―副専攻カリキュラムについて考える」
報告者:西山宣昭(大学教育開発・支援センター)
趣旨:本学の第2期中期計画4-3「現代的課題の一つである環境問題に関する見識を備えた人材を育成するため,学士課程(教養教育・専門教育)及び大学院博士前期課程に,それぞれの課程に応じた環境教育のプログラムを構築する。」における専門教育として、新規の文理融合型副専攻の必要性・可能性について検討したい。他大学の事例も参考にしながら参加者とともに考える。

○●○第8回大学教育セミナーのご案内○●○
金沢大学創基150年記念「講演会・シンポジウム」シリーズ第26回
主催:金沢大学大学教育開発・支援センター  共催:金沢大学カリキュラム検討委員会
テーマ:「環境学のフレームワークとESDカリキュラムの構築に向けて」
日時:平成23年3月16日(水) 14時~17時35分
場所:金沢大学角間キャンパス総合教育1号館2階大会議室
趣旨:地球環境という閉鎖系において、いかなる持続可能な社会を構築できるか、この問題に挑む人材を養成することは大学に課せられた重大な使命である。そのためには、自然環境、人間社会、そして両者の間の複雑な相互作用について、様々な学問分野のフレームワークに基づいて論理的かつ批判的分析を行い、課題を明確にし、その解決の糸口を見出す能力を養成する教育のデザインが求められる。本学の第2期中期計画には、「現代的課題の一つである環境問題に関する見識を備えた人材を育成するため,学士課程及び大学院博士前期課程に,それぞれの課程に応じた環境教育のプログラムを構築する。」と明文化され、これは平成20年9月、本学で組織された環境教育検討会の提言に基づいている。本セミナーでは、本学における共通教育、専門教育、大学院教育におけるESD(Education for Sustainable Development)カリキュラム構築の現状を把握するとともに、その指針となるべき学問分野間の協同の在り方、研究活動の教育デザインへの還元の可能性、さらに論理的思考力、批判的思考力、創造的思考力を養成するESDの教育方法について議論する。環境人材の育成は大学、企業、地域社会全体の問題であり、学外からも多くの参加者を得て議論したい。
開会挨拶 樫見由美子(金沢大学副学長、教育担当理事)
基調講演 鈴木克徳(金沢大学環境保全センター教授)
     「ESDを巡る最近の動向~高等教育機関に期待される役割を中心に~」
報告1  西山宣昭(金沢大学大学教育開発・支援センター長・教授)
      「金沢大学における環境教育カリキュラム整備の現状」
報告2  池本良子(金沢大学環境デザイン学系教授)
     「自然科学研究科日中韓環境・エコ技術特別コースの取り組み」
報告3  吉田麻友美(日本スマートエナジー株式会社代表取締役)
     「企業活動と地球温暖化防止ビジネスの最前線の紹介、これからの社会に
必要なカーボン・マネージャーとして求められる能力と必要な教育について」
討論  「環境学の構築に向けて-副専攻カリキュラムを中心に」
閉会挨拶 堀井祐介(金沢大学大学教育開発・支援センター・副センター長・教授)
*参加申し込みは、info-rche@ge.kanazawa-u.ac.jpまで氏名、ご所属、電子メールアドレスを
明記の上、3月14日までにお願いします。参加費は無料です。

○●○金沢大学における環境教育カリキュラムの開発○●○
 環境関連の研究教育に関わる本学の研究者から組織された環境教育検討会は、平成20年9月「金沢大学における環境教育・持続可能な社会づくり教育強化の提案-持続可能な社会づくりに向けたフィールド重視の環境学-」において共通教育、専門教育、大学院教育における本学の研究教育の特徴を生かした環境教育カリキュラムについて具体的な提案を行っている。本学の第2期中期計画4-3「現代的課題の一つである環境問題に関する見識を備えた人材を育成するため,学士課程(教養教育・専門教育)及び大学院博士前期課程に,それぞれの課程に応じた環境教育のプログラムを構築する。」の明文化を受けて、現在、上記の環境教育検討会の提案に基づいた環境教育カリキュラムの開発がカリキュラム検討委員会を中心に進められている。今後の全学的な環境教育カリキュラムの検討に向けて、上記の環境教育検討会の提案の概要と現在の状況を以下に紹介する。
共通教育については、1)大学・社会生活論の環境論で行われている初年次の環境教育の充実・強化を推進するとともに、2)環境学入門としての総合科目「地球環境と持続可能な社会づくり」を新規に立ち上げる、3)「能登半島・里山里海体験実習」(シティカレッジ)の充実または新規科目の開講等により、角間の里や金沢市の自然に関する講義・演習を導入する、4)フィールドでの演習・実習を重視し、新規の科目「環境の現場に学ぶ」を立ち上げる、5)環境に関連する既存の共通教育科目の連関図を作成し、環境に関する体系的な学習を促す、などが提案されていた。この提案を受けて、カリキュラム検討委員会、共通教育機構において、環境に関連する共通教育科目を共通教育特設プログラム・「環境・ESDリテラシー」としてパッケージ化することについて検討が行われ、平成23年4月より開設される。これに先行して、「地球環境と持続可能な社会づくり」と「環境の現場に学ぶ」が平成21年度より新設されている。「地球環境と持続可能な社会づくり」は、国内外の環境問題の歴史と議論の展開、地球温暖化、化学物質等による汚染、環境と経済、環境と健康、生物多様性、企業活動と環境、自治体の環境政策、環境文学などの切り口から持続可能な社会づくりの現状と課題を理解することを目的として、本学の環境関連の研究者によりオムニバス形式で授業が行われている。「環境の現場に学ぶ」では、過去2年間の授業を踏まえ、環境政策、環境会計、低炭素技術とリサイクル技術、循環型社会における農業技術と政策などをテーマとして、本学図書館の事業として整備される環境学コレクションを前提とした事前自己学習とグループ討論、金沢市環境政策課(調整中)、北陸電力、石川県工業試験場、北陸農政局(調整中)、石川県農業総合研究センター等の見学・現場の担当者との討論、現場から見出した課題や問題について発表、以上の授業を23年度に実施する予定である。23年度に開設する共通教育特設プログラム・「環境・ESDリテラシー」には「環境の現場に学ぶ」を含め10科目の実習科目がパッケージ化されている。これらの中には23年度より新規に環日本海域環境研究センターが開講する4科目が含まれている。
専門教育については、「地域創造学類、環境デザイン学類、自然システム学類における授業科目との調整を図り、必要に応じそれらの学類が提供する科目への他学域、他学類の学生のアクセスを改善する。」との提案がなされている。上記の3学類をはじめ全学類の環境関連の専門基礎科目からなる新規の文理融合型副専攻の必要性、可能性について検討することは一つの選択肢であろう。その場合、共通教育特設プログラム・「環境・ESDリテラシー」との接続性についても検討する必要がある。
大学院教育については、本学の特徴ある環境関連の研究「環日本海域の特性を生かした黄砂、PAH/NPAH等の微量大気汚染物質などに関する研究」、「石川県の自然環境と文化の調和を生かした里山里海に関する研究」、「能登半島を対象とした過疎高齢化等の社会問題や自然災害等が人の健康、環境に与えるストレスやリスクの研究」の成果を起点としたフィールド重視の研究・教育の充実・強化を図り、自然科学研究科、医学系研究科、医学系研究科(保健学専攻)、人間社会環境研究科を横断し、国内、海外の関係研究教育機関とも連携した文理融合の「アジアの環境人材育成」を目標とするカリキュラム開発の必要性を提案している。このような提案を踏まえた大学院教育における環境教育カリキュラムについて検討が進められており、その状況については3月16日の第8回大学教育セミナーにおいて報告が行われる予定である。
                                                                                     (文責 大学教育研究開発部門 西山宣昭)