【No.546】
金沢大学版チューニング(TUNING)の進め方(その1)

○●○金沢大学版チューニング(TUNING)の進め方(その1)○●○

 チューニング(TUNING)は、ボローニャ・プロセスの一環として欧州高等教育圏(European Higher Education Area, EHEA)において進められているプロジェクトの一つであり、教育プログラムの(再)設計・開発・実践・評価する方法を示すため、各教育プログラム毎に共通理解に基づく参照基準設定を進めている。チューニングにおける基本的用語は以下の通りである。

● 学位は、学習量、水準、学習成果、コンピテンス、プロフィールの各領域において規定されるべき

● 学習成果とは、学習者がある学習経験を終了した時点で、どのような知識を習得し、理解し、活用できるようになっていると期待されるかを明示したもの

● 学習成果は学習者が獲得すべき「コンピテンスの水準」の形で表される

● コンピテンスとは、認知的・メタ認知的技能、知識と理解、対人的・知的・実践的技能、および倫理的価値が有機的に結合したもの

● コンピテンスはすべての科目を通して育成され、学習プログラムのさまざまな段階で測定されるものであり、専門分野固有のものもあれば、汎用的なものもある

 このようにチューニングにより、教育プログラム、学位等の国際通用性向上が図られるため、金沢大学においても、YAMAZAKIプラン2014「教育改革VISION I グローバル化する社会を積極的にリードする人材の育成 Subject3 教育の国際通用性の向上」、スーパーグローバル大学創成支援事業調書「1.国際化関連(5)教務システムの国際通用性④教育プログラムの国際通用性と質保証」の活動としてチューニングを進めることが謳われている。

 では、具体的にはチューニングはどのように進めればいいのであろうか。チューニング自体は、個別大学間の比較を目的としたものでないことは承知の上で、金沢大学でのチューニング作業について、その実現可能性も踏まえて少し私見を述べさせていただく。先ず、学類毎に、学類が授与する学位、学類・コースのディプロマ・ポリシー(DP)、学類が提供する教育プログラム詳細(個別授業、カリキュラムマップ、カリキュラムツリー、コースの学習成果等)を確認する。次にチューニング作業を進める対象大学における同じ学位名称、専攻分野における、DP、教育プログラム詳細について確認する。さらに、当該分野がTUNING Educational Structures in EuropeにおけるSubject AreaまたはSpecific Competences対象分野に名前が挙がっている場合はそれらの情報も考慮する。ただし、チューニング自体は画一的、統一的カリキュラム構築を目指したものではないため、揃えることを目指しての比較検討ではなく、それぞれの内容についてどの点が異なっているのか、異なっている点は別の項目等で補完可能なのか、その必要はないのか、国毎、大学毎の文脈依存性により説明可能なのか、などについて、教育プログラム提供組織および教員による検討、検証が求められる。もっと簡単言うと、第一段階として情報収集を行い、第二段階でそれらの情報を横並びで見ることでチューニング作業を行えばいいかと考えている。

 具体例として、連携コンソーシアムを設立している旧六大学(今回は岡山大学)に対象となり得る学科があることとTufts University のSchool of Arts and SciencesにChemistry Majorがあること、TUNINGのSpecific CompetencesにChemistryがあることから、金沢大学理工学域物質化学類化学コースを取り上げてみる。以下に比較表をあげる。文字が小さく読みにくく申し訳ない。

 

金沢大学理工学域物質化学類化学コース

http://www.kanazawa-u.ac.jp/education/educational/policy/diploma/chem

岡山大学理学部化学科

http://www.okayama-u.ac.jp/tp/profile/dp-sci.html

物質化学類DP

 化学の専門知識・技術とともに幅広い教養と豊かな人間性を身につけ,科学・科学技術・文化の発展と充実に貢献できる人材を養成する。各コースのディプロマ・ポリシーで掲げた人材養成目標への到達を通じて,この学類の人材養成目標に到達した者に学士(理学)もしくは学士(工学)の学位を授与する。

化学コース

 物質の化学的性質・構造・反応などに関する基礎的原理や実験技術と合わせて広範な自然科学の素養を習得し,未来の科学を支えるために独自に考える力と自然に対する好奇心を持ち,発見の感動を味わうことに価値を見いだすことができる人材を養成する。この人材養成目標に到達した者に学士(理学)の学位を授与する。この人材養成目標に到達するためには,以下の学習成果を上げることが求められる。

 

学習成果

A-1.科学に携わる研究者•技術者および教育者の素養として,数学,物理学,化学を中心とした自然科学の幅広い基礎知識を身につける。

B-2.化学の専門的職業人として必要な物理化学,有機化学,無機化学,分析化学,放射化学,生物化学,錯体化学の基礎学力と化学的研究能力を身につけるととも に問題解決力を養う。

B-3.新しい機能をもった物質の創造,効率的な有機合成反応と生体分子の機能の解明,分析理論の構築と自然界の元素循環の機構の解明の3分野に対応した実験 や講義を通して,物質の性質•構造•反応など原子•分子レベルでおこる諸問題を解決する化学的素養を身につけ,研究者および教育者としてさまざまな分野でリーダーと して活躍できる能力を養う。

C-4.持続可能な豊かな社会を創成する社会的責任と倫理を自覚し,自然科学の社会的役割の理解と社会に及ぼす影響を考え得る素養を養う。

C-5.研究室の中で大学院生とともに行うゼミナールや課題研究を通してコミュニケーション能力とリーダーとしての資質を養う。

C-6.国際的に通用する化学の研究者•専門的職業人として必要な語学能力の基礎とコンピュータ利用技術を身につける。

岡山大学理学部ディプロマポリシー

● 人間性に富む豊かな教養【教養】

自然や社会の多様な問題に関心を持ち、幅広い視野から物事を捉えることができる豊かな教養を身につけている。

● 自然科学の理解と活用につながる専門性【専門性】

様々な自然現象の背後にある普遍的な法則や原理を理解するとともに、問題解決につながる汎用性に富んだ専門知識を身につけている。

● 効果的に活用できる情報力【情報力】

自ら情報を収集・分析し、正しく活用する能力を有するとともに、効果的な情報発信ができる。

● 時代と社会をリードする行動力【行動力】

国際的に活躍できる語学力とコミュニケーション能力を有し、社会生活の中で的確に行動できる。

● 生涯に亘る自己実現力【自己実現力】

大学で培った知識と経験を生かし、自己の成長を追求することができる。

 

化学科ディプロマポリシー

● 人間性に富む豊かな教養 【教養】

 人類社会や自然環境に関する多様な問題に関心と自らの意見を持ち,自然科学のリテラシーと科学的モラルを含めた豊かな教養を身につけている。

● 汎用性のある知識の修得【専門性1】

 物質の構造,物性,反応に関して,一般的領域から専門的領域にわたって汎用性のある知識を身につけている。

● 論理的な知識の体系化【専門性2】

 問題を解決するための論理的な思考力を磨き,修得した知識を体系的に組み立て,物質を多面的に理解することができる能力を身につけている。

● 未知の課題への意欲的な取組【専門性3】

 専門的知識により自然の本質の解明,新規な機能性物質の創成,地球環境やエネルギー資源など人類が抱えている問題の解決に対して,創造力を持って意欲的に取り組むことができる。

● 収集・分析・活用できる情報力【情報力】

 物質が発信する情報を読み取る力,関連する情報を収集・分析する力,およびそれらの情報を的確にまとめて活用する力を身につけている。

● 時代と社会をリードする行動力と国際性【行動力】

 国際的に活躍できる言語力とコミュニケーション能力を有し,社会の一員として自立して活動できる力と,相互に意思疎通をはかりながら協同して取り組む姿勢を身につけている。

● 生涯に亘る自己実現力【自己実現力】

 大学で培った知識と経験を基に,生涯に亘って自己の成長を追求することができる。

 

TUNING Chemistry Specific Competences

http://www.unideusto.org/tuningeu/competences/specific/chemistry.html

Tufts University

http://ase.tufts.edu/faculty/committees/objectives/chemistry.htm

1.Ability to apply chemistry knowledge and understanding to the solution of qualitative and quantitative problems of an unfamiliar nature. 2.Ability to apply such knowledge and understanding to the solution of qualitative and quantitative problems. 3.Ability to conduct risk assessments concerning the use of chemical substances and laboratory procedures. 4.Ability to demonstrate knowledge and understanding of essential facts, concepts, principles and theories relating to chemistry. 5. Ability to interpret data derived from laboratory observations and measurements in terms of their significance and relate them to appropiate theory. 6.Ability to recognise and analyse novel problems and plans strategies for their solution. 7.Ability to recognise and implement good measurement science and practice. 8. An in-depth knowledge and understanding of an specific area of chemistry. 9. Awareness of major issues at the frontiers of chemical research and development. 10.Communication skills, covering both written and oral communication, in at least two of the major European languages. 11.Sufficient knowledge of English to be able to read, write and present papers, and to communicate with other scientists. 12.Competence in the planning, design and execution of research investigations, from the problem recognition stage through to the evaluation and appraisal of results and findings; this to include the ability to select appropiate techniques and procedures. 13.Computational and data-processing skills, relating to chemical information and data. 14.Information-retrieval skills, in relation to primary and secondary information sources, including information retrieval through on-line computer searches. 15.Skill at using modern computer and communication techniques applied to chemistry. 16.Interpersonal skills,relating to the ability to interact with other people and to engage in team-working. 17.Capacity to plan, design and execute research projects. 18.Numeracy and calculation skills, including such aspects as error analysis, order-of-magnitude estimations, and correct use of units. 19.Skills in presenting scientific material and arguments in writing and orally, to an informed audience. 20.Skills in the safe handling of chemical materials, taking into account their physical and chemical properties, including any specific hazards asociated with their use. 21. Study skills needed for continuing professional development. 22.Ability to participate effectively in Inter.- and transdisciplinary teams working on projects related to chemistry. 23.Basic knowledge on Good Laboratory Practice and Quality Assurance. 24.Skill at applying knowledge of chemistry for the purposes of sustainable development.

 

Chemistry

Undergraduate Majors Educational Goals and Required Knowledge and Skills

General education goals in chemistry:

1    Communication. The ability to write, display information, and orally communicate in a scientific format.

2    Primary literature. The ability to search for, read and understand primary sources of scientific literature.

3    Understanding data. The ability to understand chemistry data, how it is produced, and how it is applied.

4    Quantitative analysis. The ability to apply quantitative measurement and analytical laboratory techniques to scientific problems.

5    Mathematical tools. The ability to apply mathematical tools to chemistry problems that often involve multiple variables, statistics, and symmetry.

6    Scientific method. The ability to develop a hypothesis, design experiments to test that hypothesis, execute experiments, interpret data, and refine a hypothesis in light of new data.

7    Chemistry as the central and molecular science. Understanding how chemists solve problems across disciplines by designing, synthesizing, and analyzing molecules with defined structure and function.

8    Critical evaluation. The ability to critique scientific claims in the technical and popular press with respect to accuracy, interpretation, and application.

9    Integrity. The development of honesty, responsibility, and integrity with respect to the generation and interpretation of data as a scientist and as a citizen.

10   Science and society. The development of a sense of responsibility for promoting education, diversity and functional literacy in science within the larger community.

Knowledge and skills requirements:

(these are designed to be cross-major, with each major able to define sub-topics that address the knowledge/skills)

1    Problem-solving skills, including logical reasoning, diligence, and attention to quality, consistency, and thoughtfulness in one's work

2    Structure. Three-dimensional molecular structure and chemical bonding and their origins in the electronic structure of matter

3    Properties and reactivities of important chemical classes, and their uses and preparation

4    Energy and thermodynamics

5    Chemical equilibria including acids, bases and solubility

6    Chemical reactions, stoichiometry and mechanisms

7    Reaction kinetics

8    Oxidation, reduction, and electron transport

9    Chemical basis of biological function

10   Experimental techniques. Knowledge of, and safe practices in, analytical and preparatory laboratory techniques, including synthesis of molecules and/or materials

11   Hands-on laboratory experience

 それぞれ表記の仕方、表現方法が異なるため一律に比較可能とは言えないが、内容的には重複部分が多く見られる。今回は紙面の都合で省略するが、履修体系を示すカリキュラムツリー、個別授業シラバス記載内容等の情報を収集することで先に述べた第一段階が完成し、次の横並びでの比較段階に入れる。今後、教育担当理事の指揮の下、教育企画会議、教務委員会等でチューニング試行についての取り組みがなされていくものと考えられるが、大学教育開発・支援センターとしても積極的にサポートしていきたいと考えているので、その際に本稿が少しでも参考になれば幸いである。

(文責 評価システム研究部門 堀井祐介)