週刊センターニュース・アーカイブス

2012年

12月
【No.433】 東海地区大学図書館協議会 研修会 参加報告
【No.432】 カリキュラム・マネジメントについて-大学教育学会課題研究集会参加報告
【No.431】 IDE大学セミナー参加報告
11月
【No.430】 本学の教育の内部質保証について
【No.429】 秋入学を学生の学習意欲・授業理解度向上のための教育改善という視点で考える-最終回-
【No.428】 国際ビジネスコミュニケーション協会主催 TOEIC研究会 「企業のグローバル展開における英語発信力強化の取り組み」参加報告
【No.427】 教育の質保証に向けて-改めて授業評価アンケートの活用を考える
10月
【No.426】 チューニング・プロジェクトについて
【No.425】 中教審大学分科会(審議まとめ)とアクティブ・ラーニング(その3)
【No.424】 秋入学を学生の学習意欲・授業理解度向上のための教育改善という視点で考える-その7-
【No.423】 九州大学附属図書館付設教材開発センター訪問報告
【No.422】 各種アンケートを通じた教育評価について
9月
【No.421】 ドイツにおける教育プログラムアクレディテーションおよびシステムアクレディテーションについて
【No.420】 教育の内部質保証システムについて
【No.419】 秋入学を学生の学習意欲・授業理解度向上のための教育改善という視点で考える-その6-
【No.418】 安心して学べるソーシャルメディア環境 ~何が必要とされるのか~
【No.417】 質保証・アウトカム評価の考え方(高等教育質保証学会第2回大会参加報告
8月
【No.416】 「グローバリゼーション下の大学教育改革5つのキーワード  -質保証・体系化・標準化vs. 多様化・共通化・国際通用性-」紹介
【No.415】 アメリカの大学での学習成果アセスメント
【No.414】 秋入学を学生の学習意欲・授業理解度向上のための教育改善という視点で考える-その5-
7月
【No.413】 東京大学 教養教育高度化機構セミナー 『講義の「オープン化」は、大学教育に何をもたらすのか?』参加報告
【No.412】 主体的な学びへ導く大学教育 -ベネッセ教育研究開発センター大学シンポジウム2012参加報告
【No.411】 成績評価に役立つルーブリックの作り方
【No.410】 中教審大学分科会(審議まとめ)とアクティブ・ラーニング(その2)
6月
【No.409】 秋入学を学生の学習意欲・授業理解度向上のための教育改善という視点で考える-その4-
【No.408】 多目的室(アクティブラーニング教室)における授業実践報告
【No.407】 学士課程教育の教学マネジメントについて -日本高等教育学会第15回大会参加報告
【No.406】 グローバル人材としての力をどう育成し測定するのか
5月
【No.405】 学習成果(Ability-based Learning Outcomes)とその達成度評価(Assessment)
【No.404】 秋入学を学生の学習意欲・授業理解度向上のための教育改善という視点で考える-その3-
【No.403】 「東京大学 大学院工学系研究科附属国際工学教育推進機構・バイリンガルキャンパス推進センターの試み」 参加報告
【No.402】 大学とグローバル化について
【No.401】 専門分野別教育プログラム評価(米国の事例)
【No.400】 中教審大学分科会(審議まとめ)とアクティブ・ラーニング
4月
【No.399】 秋入学を学生の学習意欲・授業理解度向上のための教育改善という視点で考える-続-
【No.398】 九州大学アクティブラーニング教室 訪問調査報告
【No.397】 九州工業大学教育フォーラム参加報告
3月
【No.396】 教育プログラムレビューについて
【No.395】 第18回大学教育研究フォーラム参加報告
【No.394】 大学設置基準における「社会的及び職業的自立を図るために必要な能力」と発達障害者支援法における「適切な教育上の配慮」-発達障害学生の支援研修会を実施して-
【No.393】 ゲームフルな教育をデザインするワークショップ参加報告3 
2月
【No.392】 大学教育のアウトカム評価の動向(その1)
【No.391】 IR と教育改善の関係(オーストラリア、アメリカの事例)
【No.390】 卒業研究の達成度評価について
【No.389】 秋入学を学生の学習意欲・授業理解度向上のための教育改善という視点で考える
1月
【No.388】 「ゲームフルな教育をデザインする」ワークショップ参加報告2
【No.387】 秋季入学について 
【No.386】 基準(standards)、学習成果(outcomes)、質(quality)とは(ASPAの定義)
【No.385】 新年を迎えて-センター活動方針を再整理する