スタッフ紹介

吉永 契一郎 系/部門長 教授

1987年国際基督教大学教養学部卒業 1998年コロンビア大学Ph.D. 新潟大学・東京農工大学を経て、2016年より金沢大学教授 現在、総合教育部担任。研究分野として、STEM教育改革、 アクティブ・ラーニングの理論構築、イノベーション教育に 取り組んでいる。比較教育の対象として、アメリカ・カナダ・ オーストラリア・香港・シンガポール・タイ・台湾をよく 訪問する。

https://ridb.kanazawa-u.ac.jp/public/detail.php?id=4484

堀井 祐介 教授

大阪外国語大学デンマーク語学科、大阪大学言語文化研究科修了。 大阪大学言語文化部言語科学実験部門助手、大阪大学サイバーメディアセンターマルチメディア言語教育研究部門助手、金沢大学大学教育開発・支援センター教育支援システム研究部門准教授、同教授を経て現職。 現在は、大学評価システム、北欧の高等教育システム、ポータルを活用した学習支援システムに関する調査・研究を行っている。大阪大学博士(言語文化学)。

https://ridb.kanazawa-u.ac.jp/public/detail.php?id=2000

西山 宣昭 教授

1985年九州大学大学院農学研究科農芸化学専攻修士課程修了、1987年九州大学助手、1994年福岡教育大学助教授、1998年北海道大学助教授、2000年理化学研究所研究員、2003年金沢大学助教授、2006年現職。工学博士。研究分野:共通教育科目・大学院科目でのアクティブ・ラーニングの設計、学修成果達成度評価、がんの進展に関する免疫系を考慮した数理モデル開発

https://ridb.kanazawa-u.ac.jp/public/detail.php?id=1923

渡辺 達雄 准教授

福井大学教育学部情報社会文化課程、名古屋大学大学院教育学研究科博士課程単位修得満期退学。広島大学高等教育研究開発センターCOE研究員、金沢大学大学教育開発・支援センター准教授を経て、現職。日本と韓国の階層と教育に関する比較研究の他、大学教職員に関する種々の調査、韓国高等教育の質保証制度に関する研究などに携わった。現在は、大学評価、韓国の高等教育政策、高等教育レベルの職業教育、非大学型高等教育の教育プログラム・学位制度等に関心をもち、調査・研究を進めている。

https://ridb.kanazawa-u.ac.jp/public/detail.php?id=2370

杉森 公一 准教授

筑波大学第一学群自然学類(化学主専攻)卒業、筑波大学大学院修士課程教育研究科(教科教育専攻・理科教育コース)修了、金沢大学大学院自然科学研究科博士後期課程(数物科学専攻)修了。金城大学研究員、金城大学医療健康学部助手、同助教、金沢大学大学教育開発・支援センター准教授を経て現職。 専門は計算量子化学、理科教育および大学教育開発。修士(教育学)、博士(理学)。 アクティブラーニング、反転学習、教育ファシリテーションなどに関心を持って、教師向け・学生向けワークショップを開発している。

https://ridb.kanazawa-u.ac.jp/public/detail.php?id=2893

濱田里羽 助教・障がい学生支援室

石川県公立学校派遣スクールカウンセラー、金沢大学保健管理センターカウンセラー、金沢大学大学教育開発・支援センター特任助教(大学間連携共同教育推進事業「学都いしかわ・課題解決型グローカル人材育成システムの構築」障がい学生等支援グループ担当)等を経て現職。障がい学生支援室専任教員として障がいのある学生の学修支援に携わる一方、大学生のライフスキル育成を支援するワークショップやツールの開発にも取り組んでいる。修士(臨床心理学)、公認心理師、臨床心理士。

https://ridb.kanazawa-u.ac.jp/public/detail.php?id=3823

河内真美 特任助教・大学教育再生加速プログラム(AP)アクティブラーニング担当

筑波大学第三学群国際総合学類卒業、筑波大学大学院人間総合科学研究科一貫制博士課程教育学専攻単位取得満期退学。筑波大学大学院人間総合科学研究科研究員を経て現職。発展途上国における識字政策、識字教育と国際的な取り組みに関心をもち研究を進めている。現職では、大学教育再生加速プログラム事業「学生の主体性を涵養するカリキュラム・教育方法・学修支援環境の統合的な改革」において、特にアクティブ・ラーニングの深化と充実、及び学修環境の活用と展開に関わる取組支援を行っている。修士(教育学)。

https://ridb.kanazawa-u.ac.jp/public/detail.php?id=4421

井上咲希 特任助教・アカデミック・アドバイザー(人文系)

創価大学法学部法学科、創価大学文学研究科国際言語教育(TESOL)専攻修了。同大学ワールドランゲージセンター助教を経て現職。コンテントベース教育、アカデミック・アドバイジング、英語学習アドバイジングについて調査・研究を行っている。教育学修士。

https://ridb.kanazawa-u.ac.jp/public/detail.php?id=4591

中野正俊 特任助教・アカデミック・アドバイザー(理工系)

東京工業大学工学部金属工学科卒業。東京工業大学理工学研究科材料工学専攻修士課程修了。東京工業大学理工学研究科材料工学専攻博士後期課程満期退学。アカデミック・アドバイジング、学習支援について調査・研究を行っている。博士(工学)

https://ridb.kanazawa-u.ac.jp/public/detail.php?id=4588

嶌田敏行 【客員研究員】茨城大学全学教育機構 准教授 

金沢大学理学部地学科卒業卒業、同大学院自然科学研究科博士前期課程(生命・地球学専攻)修了、同研究科博士後期課程(地球環境科学専攻)単位取得退学。 修士(理学)。専門は、水文地形学、古環境復元。平成15年4月に茨城大学総務部総務課に文部科学事務官(一般係員)として着任。平成17年3月からは評価室(Office of Institutional Research)の専任教員として評価業務とIR業務に従事する。 平成28年8月から全学教育機構総合教育企画部門に異動し、質保証(IE)を中心に、IRおよびアセスメント関連業務を担当している。

上畠洋佑 【客員研究員】新潟大学 教育・学生支援機構 教育・学生支援企画室 准教授

広島大学文学部人文学科卒業、東京大学大学院教育学研究科大学経営・政策コース修士課程修了、早稲田大学大学院文学研究科教育学コース博士後期課程満期退学。金沢大学国際基幹教育院高等教育・開発支援部門特任助教、愛媛大学教育・学生支援機構教育企画室特任助教を経て現職。近年急増する看護系大学における大学経営、看護系大学における教養教育の現状やその効果を主たる関心として研究をしている。また、ケースメソッドを用いた教育・職能開発、学修成果の可視化、IR(Institutional Research)に関する調査・研究も行っている。修士(教育学)。