系長メッセージ

高等教育開発・支援系/部門長 堀井 祐介

各種資源に限りがある金沢大学が教育、研究面でさらに発展するためには、目的、目標を明確に定め、工程、経過を十分検討し、現状の戦力を有効活用し、最大限の成果を求めなければなりません。
それには、目の前にいる学生を中心に考え、各種活動における情報共有・情報公開を進めることが重要であり、大学内諸活動を効果的かつ効率的に進めることが必要です。
高等教育開発・支援系/部門および個人として、学生のための教育質保証の視点から、金沢大学の教育をよりよいものにするため最大限、努力していきたいと考えています。

高等教育開発・支援系/部門は専任教員5名の非常に小さな系/部門ですが、国際基幹教育院および学内のその他教育担当部局と協力して、大学憲章において「地域と世界に開かれた教育重視の研究大学」を謳っている金沢大学の教育をより良いものにするため頑張っていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。