系長メッセージ

 高等教育開発・支援系/部門は、国際基幹教育院内に設置されている組織であり、国際
基幹教育院規程第3条第1項第9号において「教育方法,教育システム及び教育支援に関する
研究開発並びに教育に係る質保証システムの研究開発」を担うとされています。また、同
10号の「教育スキルの向上に係る支援及びティーチング・アシスタント制度,高度ティー
チング・アシスタント制度,アクティブラーニング・アドバイザー制度,ラーニング・ア
ドバイザー制度に係る企画,運用及び実施」を行う組織としてのスキルアップセンターも
高等教育開発・支援部門を中心に活動を行うとされています。さらに、これらの規程を踏
まえて、高等教育開発・支援部門細則においても、部門は、「教育方法,教育システム及
び教育支援に関する研究開発並びに教育に係る質保証システムの研究開発を行うことによ
り,金沢大学(以下「本学」という。)における教育の質保証活動及び当該活動の検証を
行い,以て本学が行う教育の充実・発展を図るとともに,本学が掲げる基本理念及び目標
の実現に資することを目的とする。」とされています。長々と規定を紹介しましたが、基
本的には、個々の教員の授業開発・授業運営を支援し、学域・学類等における学生の学び
が向上を目指す組織です。
今年度は、年度当初からCOVID-19の影響により、やむなく遠隔授業、オンライン授業が
導入されています。高等教育開発・支援系/部門およびスキルアップセンターとして、学
域・学類・コース、個別教員等への情報提供、および、授業設計・運営支援にあたってい
ます。今回の件を契機として、LMS(WebClass)などICTを活用した新しい教授法により、学
生の自学自習がより一層深まるよう全学の教育を支援していきたいと考えています。また、
学生中心の教育のさらなる拡充に向けて学生との綱領もより深めていきたいと考えていま
す。
研究面においては、国内外の高等教育の状況変化を的確に捉え、それらの情報を学内外
に発信するとともに、金沢大学の教育力向上に資する成果を学内に還元していきたいと考
えています。具体的には、教育支援の場としてのFD研修会、研究成果発表の場としての
FD研究会を定期的に開催します。
小さな組織でまだまだ力不足ではありますが、学内の構成員のお力をお借りして一緒に
金沢大学の教育力の素晴らしさを学生が実感できるよう各種取り組みを進めていきますの
で、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
                    高等教育開発・支援系/部門長  堀井 祐介