教育関係共同利用拠点

教育関係共同利用拠点(大学の職員の組織的な研修等の実施機関)

拠点について

国際基幹教育院高等教育開発・支援部門は、2017(平成29)年8月16日、
文部科学省より教育関係利用拠点として認定を受けました。

「教育改善・大学の組織開発を支える研修人材育成拠点」
(金沢大学国際基幹教育院 高等教育開発・支援部門)
認定期間は2018(平成30)年度末(平成31年3月31日)までです。
(認定拠点一覧・文部科学省:http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/daigakukan/1360542.htm

拠点(通称:研修拠点)のミッション

各大学の自律的な改善活動を実現するFD/SDを牽引する研修担当人材の育成をめざし、2つの教育研修プログラム「学修を支援する学生アドバイザー(アクティブ・ラーニング・アドバイザー)養成教員・職員プログラム」「自律的な大学組織開発を実現するSDリーダープログラム」を提供します。今後、部門Webサイト等を通じてプログラムをご案内します。

主な対象:
・学生アドバイザー(授業内外でのTA・SA)制度の運営及びアクティブ・ラーニング型授業・学修支援の研修に関心のある教職員
・SD研修の設計及び組織デザイン・マネジメントに関心のある教職員